非正規店でiphone修理をする利点と欠点|修理業者の利用方法

女の人

原因の特定と対策

スマホ

iphoneをずっと使っていると電源ケーブルを接続しても充電できない事態に陥る場合があります。そのような場合はいくつかのどこに原因があるのか確定してから修理に出すのが最適です。まずはiphoneの再起動を行なうようにしましょう。まれに動作不良により電源ケーブルを認識しないことがあるからです。充電が0パーセントになってしまった場合も充電できないと勘違いをする人が多いので10分ほど待ってみることが大切です。コンセントが原因ということもあるので、電源タップを外してみたり差込口を変更してみたりしましょう。上記の4つを試しても充電できない事態が続く場合はケーブルか本体に異常がある可能性が高いです。
ケーブルの場合は買い替えればすぐに済む話ですが、iphone本体に異常がある場合はそうはいきません。なぜならiphoneは他のスマートフォン機種と異なり、バッテリーの交換が容易ではないからです。本体契約時に有料の保証プランに加入していれば公式サポートで無料バッテリー交換を受けることも可能になります。ですが未加入の場合は約10000円の費用が発生してきます。それに加えて1週間から2週間はiphoneが使えないという期間があります。このような事態を避けるためには外部の修理業者に依頼をするのが最適です。なぜなら費用も半分の5000円ほどで済み、交換時間も5分ほどだからです。もしiphoneが充電できないという事態に陥ったら、慌てず修理業者に連絡を入れてみましょう。そうすることで余計な時間とお金をかけずに済むのです。